solto
solto

渋谷フクラスのテナント・オフィス情報を紹介 19年開業まで随時更新

渋谷フクラスのテナント・オフィス情報を紹介 19年開業まで随時更新
更新日:

2015年まで長年ランドマークだった渋谷東急プラザの跡地に、新しく建設されているのが渋谷フクラスです。2015年3月に閉館した東急プラザ跡地に建設された渋谷フクラス。 バスターミナルや商業施設、オフィス、バスターミナルなどが入り、2019年秋に開業予定となっています。

街じゅうにクレーンが立ち、開発が終わらない渋谷。2015年まで長年ランドマークだった渋谷東急プラザの跡地に、新しく建設されているのが渋谷フクラスです。

旧東急プラザの跡地に建設された「渋谷フクラス」

フクラス
(写真の出典:道玄坂一丁目駅前地区市街地再開発組合 東急不動産株式会社 )

2015年3月に閉館した東急プラザ跡地に建設された渋谷フクラス。地上18階、高さ103mの巨大な施設として生まれ変わりました。 バスターミナルや商業施設、オフィス、バスターミナルなどが入り、2019年秋に開業予定となっています。

テナントとビル構成

フクラス

2~8階、17・18階には

東急プラザ渋谷
が入り、「都会派の感度が成熟した大人たち」をターゲットにした商業施設が作られます。 また、屋上広場の17・18階の部分に
CÉ LA VI Tokyo
の出店が決まっています。CÉ LA VIは、シンガポールのマリーナベイサンズの最上階となる57階や香港やフランスで展開されている、総合エンタテインメントレストランです。 
フクラス
(写真の出典:マリーナベイサンズのオフィシャルホームページ)

オフィス

9~16階はオフィスフロアになっていて、仮想通貨やインターネットメディアを手掛ける

GMOインターネットグループ
が入居します。 また、17階にはクリエイティブコンテンツ産業や外国企業の進出拠点となる施設ができます。

バスターミナル

1階には、

一般路線バスや空港リムジンバスも乗り入れ予定のバスターミナル
が設置されます。2020年の東京オリンピックに向けて観光客が増える中、さらに需要が増えそうですね。また、JTBコミュニケーションデザインと協業して、新しい観光支援施設をオープンさせる予定です。

フクラス
(写真の出典: 東急不動産株式会社のオフィシャルホームページ)

まとめ

フクラス

いかがでしたか?こちらは渋谷フクラスのロゴです。名前の通り、訪れる人々の幸福を膨らませる場所にというコンセプトで建築が進められています。 これまで多くの文化や流行を生み出してきた旧東急プラザの歴史を受け継いで、今後変わって行く渋谷に新しいにぎわいが生まれる場所になっていくでしょう。

基本情報

名前 渋谷フクラス
住所 東京都渋谷区道玄坂一丁目38番
アクセス アーバン・コア 道玄坂連絡デッキによって渋谷駅直結
階数 地上18階、地下4階

関連記事