solto
渋谷
map

渋谷で美味しいパスタを食べられるお店 21店舗の比較・まとめ

地図を開く
更新日:
目安予算
昼: 1500
夜: 6500
特徴:
友人と
ワインが美味しい
本格
イタリアのサルデーニャ島から届く羊のチーズ・蜂蜜・パン・ぼらのカラスミや、自家農園の季節野菜、全国の漁港から仕入れる魚介類をふんだんに使ったイタリア、サルデーニャの郷土料理が自慢。味わい豊かなサルデーニャ産ワインもご堪能いただけます。島にある港町・タロスを思わせる、開放的で心地良い賑やかな空間で、気心知れた仲間と楽しいひと時を過ごせます。

渋谷駅から徒歩1分、マークシティから見てスクランブル交差点とは反対側の、居酒屋が立ち並ぶ道を少し入った所にあるタロス。一際目立つターコイズブルーの入り口やオリーブの植え込みから、地中海に浮かぶサルデーニャ島を強烈に意識したお店のこだわりが期待できます。

タロスの外観

店内は4人がけのテーブルが15ほどある空間。まるでサルデーニャにある庶民的なビストロのような空間が親しみやすさを与えてくれます。女子会やデート、親しい人との飲みなどに向いている気がします。

タロスの店内

今回はタロスのディナーの時間帯に2種類のパスタを実食してきました。

新鮮貝類のフレーグラ

新鮮貝類のフレーグラ

日本人にはあまり馴染みのないフレーグラ。サルデーニャ特有の粒々のパスタで「魚の卵」を意味します。粒々食感と貝類の強い旨味が濃縮された、スープリゾットのような味わいです。粒が均一ではなく、若干違う歯応えの粒も混ざっていて食感を楽しむことができます。ふと感じるイタリアンパセリの香りがイタリアンらしさを思わせてくれます。

最高級サルデーニャ産 ぼらカラスミのスパゲッティ

サルデーニャ産 ぼらカラスミのスパゲッティ

カラスミを使用した本格的なパスタを出すレストランはよく散見されますが、タロスのカラスミは他よりもカラスミの旨味が前面に引き出されたパスタです。魚卵らしいねっとりとした口どけと、ウニに似た海の香りがいいアクセントとなっています。店員の方に伺ったところ、本場サルデーニャから直輸入して仕入れたこだわりのボラのカラスミとのこと。渋谷で一番のカラスミパスタと言っても過言ではないかもしれません。

レビュー抜粋
超本格的なサルデーニャ島の家庭料理を、カジュアルに美味しくいただける名店。旨味とクセのある料理が多く、40代以降の大人の方向け。ワイン好きの友人と訪れてみたい名店です。
目安予算
昼: 1500
夜: 7500
特徴:
デート
高級
おしゃれ
渋谷駅から徒歩7分の隠れ家的イタリアン。雰囲気はカジュアルでありながら、高級イタリアンのようなクオリティの絶品パスタが楽しめます。広々とした店内は、落ち着きと清潔感があり、明るくておしゃれな雰囲気なので、デートや大人女子会などに向いています。

渋谷駅から徒歩7分、渋谷パルコをさらに奥へ進んだ小さなビルの3階にあるbiodinamico。場所が少し分かりにくい、まさに隠れ家的なレストランです。

外から見たビルの小ささとは裏腹に、店内に入ると思っていたよりも広々して、明るい空間が広がります。清潔感があり、カジュアルでありながら高級な雰囲気もある、デートにはぴったりのお店です。

biodinamicoの店内

編集者が訪れた平日の13時半には、カップルが2~3組と女性の一人客、30代くらいの男性2人がいて、会話を弾ませていました。

パスタランチのメニューの、鰯のプッタネスカ(サラダ・自家製パン付き)を頼んでみました。

鰯のプッタネスカ

鰯のプッタネスカ

プッタネスカとは、トマトソースをベースにアンチョビ、オリーブ、ケッパーや唐辛子をきかせたナポリの名物パスタ。biodinamicoのプッタネスカは、塩漬けされたアンチョビではなく、若干大きめの鰯の切り身が載せてあります。アンチョビほどではありませんが、鰯の風味とクセになる塩気が全体に行き渡っており、上品な味わいです。唐辛子の辛さは、後味に微かに残る程度なので辛さが嫌な方でも気にせず食べられるはず。黒オリーブはしっかり目の食感で、噛むと果汁がたっぷりと出てくるほど。ケッパーの塩気と酸味、ブラックペッパーなどのアクセントが程よく生きており、全く飽きずにどんどん食べ進めることができます。

また、麺はラーメンのブランド麺で有名な浅草開花楼とbiodinamicoが共同開発したトンナレッリを使用しています。トンナレッリとは、断面が四角い太麺で、表面が少しざらついているパスタです。麺の固さはちょうど良く、喉ごしは抜群で、トマトソースが満遍なく絡む美味しいパスタです。

全体としては、かなりクオリティの高いパスタで、渋谷のパスタの中でも1位、2位を争うほどの美味しさです。その上、ランチセットには美味しいサラダと熱々の自家製パンがセットで1200円というお手頃なお値段なので、若干駅から距離はありますが、行ってみる価値大の絶品イタリアンのお店です。

レビュー抜粋
渋谷の中でもトップクラスのクオリティのパスタで、麺を少し多めにしても飽きずにどんどん食べれてしまいます。ランチのセットは1200円と、コスパにも非常に優れています。
目安予算
昼: 1500
夜: 7000
特徴:
本格
地元の名店
落ち着く
渋谷駅から徒歩で約5分のカジュアルに本格イタリアンが楽しめるお店。優しい色合いの照明と、外の陽光が差し込む、優しい温かみのある空間になっています。「実際にイタリアを旅して見つけてきた”地元のおいしさ”を日本のお客様に知ってもらいたい」そのグーイタリアーノのコンセプトの通り、今まで知らなかったバラエティ豊かなイタリアンをいただくことができます。

グーイタリアーノのコンセプトは、「イタリアを旅して見つけてきた、地元の食材・食べ方を楽しむ」。

渋谷本店は、渋谷駅を降りて宮益坂を登って青山方面へ4分ほど歩き、左に曲がって美竹通りに入った所にあります。

グーイタリアーノ 渋谷本店の店内

店内は落ち着きながらも明るく、風通しの良い、とても居心地のいい空間です。ランチの時間帯は、30代くらいの女性客が多く、本場イタリアにあるトラットリアの様な賑わいがありました。席は、カウンターが8席、長机に24席、4人掛けのテーブルが4つ、2人掛けテーブルが1つ、小さめのソファ席が1つあります。

店員さんに勧められたカラスミのスパゲッティを注文してみました。

まず前菜。バーニャカウダの野菜は生のビーツ・紫キャベツ・トマト・コーン・パプリカ・カブの6種類あります。どれもシャキシャキしていて、とても新鮮な印象を受けました。程よい苦味が野菜好きにはたまりません。ソースは、アンチョビとオリーブオイルの香り・風味がしっかりと立っていて、野菜との相性が抜群です。オリーブオイルはくどくなく、さらさらしているのがその新鮮さを表しています。

前菜のフォカッチャ・バーニャカウダ・ハム

ハムは少し柔らかめで、ハーブの香りがしっかりする、日本ではあまり馴染みのない美味しいハムです。

フォカッチャはほんのり塩味がきき、しっとりしていて柔らかいのでとても食べやすいです。

スパゲッティ サルデーニャ産カラスミのオイルソース

スパゲッティ サルデーニャ産カラスミのオイルソース

本題のカラスミのスパゲッティ。オイリーだが意外にさらっとしていて食べやすいです。カラスミの塩気がパスタに合い、後味にカラスミらしい魚卵の香りが口の中に広がります。シンプルなオイルソースですが食べ応えは十分あります。スパゲッティは、小麦の味がしっかりするもちもち食感で、若干太めの麺でとても美味しいです。

今回のランチはセットで1,600円と若干値段が張りますが、料理のクオリティと居心地のよさは値段に見合うものでした。

総評としては、グーイタリアーノが打ち出すイタリアの「地元の美味しさ」をダイレクトに感じられるレストランでした。本格イタリアンが食べたい、美味しいパスタが食べたい、美味しいところでデート・大人女子会したい、という方に大変オススメのお店です。

レビュー抜粋
イタリアの地元の美味しさのカジュアルに食べることができる本格レストランです。明るく居心地の良い雰囲気は、デートや大人女子会などに向いています。
目安予算
昼: 1500
夜: 3500
特徴:
本格
コスパ◎
こだわり食材
優しい色合いの照明と、ベージュのソファベンチが壁沿いに配置されており、優しい温かみのある空間になっています。「実際にイタリアを旅して見つけてきた”地元のおいしさ”を日本のお客様に知ってもらいたい」そのグーイタリアーノのコンセプトの通り、今まで知らなかったバラエティ豊かなイタリアンをいただくことができます。

渋谷駅から徒歩6分、2019年にリニューアルした渋谷パルコの7階のレストラン街にあるグーイタリアーノ 渋谷パルコ店。 お店のテーマである、「20の州の、地元のおいしさ。」の通り、イタリア各地の郷土料理をカジュアルに楽しめるレストランです。

店内は、優しい色合いの照明と、ベージュのソファベンチが壁沿いに配置されており、温かみのある空間になっています。カウンター席も10席ほどあり、オシャレなバーになっています。

建物自体の新しさもあって店内はとても清潔感があり、落ち着いたトーンの色合いなので、デートや大人女子会などでの利用にも向いています。

ここからはディナーで実食してみた2つのパスタについて、レビューを紹介したいと思います。

パッケリ ダッテリーニトマトのソース

パッケリ ダッテリーニトマトのソース

パッケリとは南イタリアのカンパーニャ州産の筒状のパスタ。15分茹でられたその大きなパスタはもちもち感がたまりません。小麦の味もしっかりします。また、ダッテリーニトマトという甘いトマトソースと新鮮なバジル、リコッタチーズが絶妙な味わいになっています。一つ一つのパッケリのボリュームが大きいので、友人などとシェアして食べるといいかもしれません。

リングイネ 蟹のトマトクリームソース

リングイネ 蟹のトマトクリームソース

リングイネとは、平打ちの細長麺のパスタ。細長麺と言っても一般的なスパゲッティと比べやや太い麺で、程よいもちもち感があって食べ応えがあります。小麦の旨味が存分に味わえるパスタです。じっくり殻ごとで煮込んで味を引き出したクリームソースが、このリングイネと非常によく合います。こちらもダッテリー二トマトソースを使用しているらしく、トマトの濃い甘みと、大ぶりで甘みのある蟹身とその香りを楽しむことができます。

レビュー抜粋
イタリアの地元の美味しさのカジュアルに食べることができる本格イタリアンのレストランです。新しく清潔感のある店内も魅力的。
目安予算
昼: 1500
夜: 1500
特徴:
こだわり食材
インスタ映え
若者多め
2020年1月31日にオープンしたばかりのお店。希少な国内産硬質小麦を使用した、もちもちの食感や風味、味わいにもこだわったパスタ。看板メニューである「お出汁スパゲティ」シリーズを食べ終わるまでもちもちの食感を楽しんでもらえるようにタピオカ粉を使用して生まれた独自の生パスタです。一番人気は、パスタの重さの半分もの明太子がのった「炙りたらこのお出汁スパゲティ」です。

東京たらこスパゲティは、和風だしをかけて食べる新感覚のたらこスパゲッティで人気のお店です。2020年1月31日にオープンしたばかりで、オープン当初は2時間待ちもあったほどの超人気店です。

東京たらこスパゲッティの売りは、たっぷりと載ったたらこと、出汁をかけてものびないように、タピオカ粉をつかって独自に開発した麺。実際に見てみると非常にリッチで高級感があります。

今回注文したのは、人気の「炙りたらこのお出しスパゲティ」(890円+税)にスパゲッティ定食セット(200円+税)を追加したものです。

価格は合わせて1300円ほどですがとてもリッチ。

たらこスパゲッティは麺がモチモチと弾力があり太め。台湾風まぜそばの麺のような見た目です。通常のスパゲティの麺とは異なるように感じました。たらこをほぐし絡めて食べると、上質なたらこのつぶつぶと塩味がモチモチの麺と合わさり、非常に美味。

付け合せにじゃこ、刻んだたくあんがあり、それらを合わせて味変をすることも可能です。

何口か食べたら和風だしをかけていただくとたらこがスープに溶け出し、スープパスタに早変わりします。和風テイストのつけ麺のような感覚で、今までに食べたことがなく、非常に驚きがありました。

今回は追加で定食セットを追加してたため、炊き込みご飯にたらこや、じゃこ、たくあんを載せお茶漬けにしていただくことも可能。たらこスパゲティを色々な食べ方で楽しむことができ、非常にお得です。

東京たらこスパゲッティは、話題性もさることながら食べ物として非常に完成されていると感じました。新感覚の和風だし x たらこスパゲティをぜひ食べてみることをおすすめします。

レビュー抜粋
たっぷりと乗ったたらこは非常に写真映えがよく、麺がモチモチ食感。和風だしをかけて味変したり、追加で定食セットを注文すると和風だし茶漬けにすることができ、何度も楽しむことができます。通常のたらこスパゲティとは全く違う新しい食べ物です。
目安予算
昼: 1500
夜: 4500
特徴:
デート
友人と
テラスで
渋谷駅から徒歩6分、渋谷の喧騒を忘れさせてくれるオリエンタルな内装とブルーの壁が印象的な「SPICELY」。ストーブ鍋で作るアツアツ煮込み料理や旬の素材を取り入れたイタリアンにスパイスを効かせたピリ辛特製料理を思う存分に堪能することができます。少人数の食事会から歓送迎会やパーティーにもおすすめです。

渋谷駅から歩いて6分、渋谷パルコの目の前にある小さなビルの2階にあるスパイスリー 。センター街や大きな道路からは少し距離をおいた、落ち着いた場所にあります。外からはオシャレなテラスが見え、開放的なお店を予感させます。

店内には、オリエンタルな家具や観葉植物、地中海を連想させるコバルトブルーの壁が爽やかで落ち着いた雰囲気を醸し出しています。全体で約60名が座れるほどの広さもあり、大きな窓からは陽光がさし込む明るい空間です。

スパイスリーの店内

女子会やデート、各種パーティなど様々な用途に利用できそうです。

編集者はランチでスパイスリーを訪れ、2種類のパスタを実食してみました。

明太子クリームの冷製パスタ

明太子クリームの冷製パスタ

明太子の小さな粒とクリームが合わさった濃厚なソースが、カッペリーニという細麺のパスタによく絡まり、強烈に旨味を感じられます。オリーブオイルの風味もかなり際立たせつつも、くどさは全くない、とても食べやすいパスタです。明太子は辛さは無いので、辛いのが苦手な人でも安心して食べられます。刻みネギや海苔の香りもパスタとの相性が抜群です。たらこ好きにはたまらない一品でした。

海老のトマトクリームパスタ

海老のトマトクリームパスタ

こってりしたトマトクリームが、タリアテッレという平麺によく絡み食べ応えのあるパスタです。海老の香りがソース全体に広がっており、ガーリックもよく効いているので食欲がそそられます。麺はもちもちで喉ごしもよかったです。粉チーズとイタリアンパセリもほんのり香り、本格的な味わいとなっています。


レビュー抜粋
開放的な店内でくつろぎながら美味しいパスタを食べることができる、明るくて居心地の良いレストランです。
目安予算
昼: 1500
夜: 4500
特徴:
地元の名店
昼呑みに
落ち着く
渋谷駅から徒歩5分ほどセンター街を進んだところのビルの地下1階にある、穴場的なイタリアンレストラン。落ち着いた雰囲気とシェフのこだわりが感じられる絶品パスタが魅力的です。素材の旨味を生かしたパスタが多く、本格的な魚料理・肉料理とイタリア地ぶどうワインが堪能できます。ランチはお値段が¥1,200円前後と、コスパが非常に優れた隠れ家的なお店です。親しい人との飲みやデートなど、様々なシーンにオススメの1店。

ビストロ ラ クッチーナ(Bistrot La Cuccina)は、渋谷駅から徒歩5分ほどセンター街を進んだところのビルの地下1階にあります。道路からは少し見つけにくいですが、イタリア国旗が入った旗と、本日のメニューが書いてある立て看板が目印です。1990年の開店から親しまれている、穴場的な美味しいイタリアンと評判のお店です。

La Cuccinaの外観

エレベーターを降りて店内に入ると、少し薄暗めの親しみやすいビストロらしい雰囲気が漂います。赤っぽい土壁と、年季が入った木のイス、レトロなテーブルクロスがどこか落ち着きをもたらしてくれます。

La Cuccinaの店内

お店は、4人掛けテーブルが2席、2人掛けテーブルが6席、カウンターに6席の計26席あります。編集者がランチにお店を訪れた時は、常連さんと思しき4~50代の男女の方々が会話を弾ませていました。

店員さんに勧められた本日のパスタランチ(サラダ・ガーリックトースト・コーヒー付)を頼んでみました。

海老・タコ・とびこ・青菜・キャベツのスパゲッティーニ

La Cuccinaの料理

味は、エビとタコの出汁が効いた海鮮らしい旨味のあるパスタです。他のパスタでいうと、ボンゴレビアンコの味に近く、白ワインの上品な香りが口の中に広がります。エビは市販で売っているむきエビとは違う、プリップリの食感が非常に美味しいです。また、青菜と少し大きめに切られたキャベツも濃い味がちゃんと生きていて、パスタと絡めて食べるのがオススメです。パスタは日本人に馴染み深いスパゲッティーニを使用していて、程よい柔らかさとツルツルした食感が合わさって食べやすいです。

La Cuccinaの料理

また付属のサラダ・ガーリックトーストも美味で、すみずみまでシェフのこだわりが行き届いている印象を強く受けます。

お値段は、全て込みで1,100円とかなり満足の価格です。またここにきて、次は他のパスタも食べてみたいと思えるほど気に入るようなお店でした。みなさんもぜひ一度足を運んでみて欲しいレストランです。

レビュー抜粋
30年間愛され続ける地元の名店。シェフのこだわりが強く感じられる絶品パスタを、落ち着いた雰囲気の店内で楽しめます。
目安予算
昼: 1500
夜: 5500
特徴:
デート
夜景が見える
駅チカ
渋谷駅直結の渋谷スクランブルスクエア13階にあるおしゃれレストラン。野菜の旨みを存分に生かしたサラダ・パスタが魅力です。渋谷の中心を望む眺望は昼も夜もデートスポットとして人気で、明るく開放的な店内はフォーマル・カジュアルなど様々なシーンで利用できます。都内各所にある有名レストランならではのプロの味わいを手軽に楽しむことができます。

2019年11月にオープンした、渋谷駅直結の複合施設の渋谷スクランブルスクエアの13階にあるAWkitchen figlia。都内各所にあり、野菜たっぷりの料理が自慢の人気レストランです。

AWkitchenの店内

80席ほどある店内は、とても明るく開放的で、10代〜30代の若いお客さんが多い賑やかな雰囲気です。奥の方には4人掛けのテーブルが4つほど窓際にあり、13階から渋谷の中心を望むことができます。ランチの時間帯でもカップルのお客さんが目立つ、デートスポットとしても人気のおしゃれレストランです。

この度はAWkitchen figliaのランチを実食し、店員さんのオススメのパスタを注文してみました。

石野さんのトマトとバジルのポモドーロ

石野さんのトマトのバジルのポモドーロ

ポモドーロとは、トマトの水煮を煮詰め、パルメザンレッジャーノとバジルでトマトの甘みを引き立てた、最もシンプルなパスタの一つです。注文したポモドーロは、ビーツを練り込んだタリアテッレ(フェットチーネとほぼ同じ、リボン状の平打ち麺)が使用されており、トマトソースもあって真っ赤な見た目です。

パスタの味は、トマトの酸味と甘みが濃縮され、バジルの香りも強い、シンプルながらも素材の旨味が生かされたものです。トマトソースはしっとり目で、中玉くらいの大きさの甘いホールトマトも混ざっており、トマト好きには大満足と言えるほど濃厚な味です。

また、ビーツが練りこまれたタリアテッレの麺は、トマトソースが良く絡みますが、若干柔らかすぎる印象を受けました。決して不味くはありませんが、もう少しコシのあるしっかり目の食べ応えの麺の方がよかった気がしました。

ランチセットでパスタと共に注文したサラダについては、レタスの新鮮さに非常に驚かされました。みずみずしさと程よい苦味は、ついさっき収穫したかのような野菜本来の旨みで、これは大変満足でした。

レビュー抜粋
鮮度抜群の野菜の味を生かした美味しいサラダとパスタが楽しめる、デートスポットとしてもオススメのおしゃれレストランです。
特徴:
女子会に
食べ放題あり
おしゃれ
ソファの席もあるため、ゆっくり食事を楽しみたい方にもオススメです。
渋谷センター街にあるイタリアンレストランです。店内はたくさんの植栽で彩られており落ち着いた広々とした空間が特徴です。ランチはサラダ・ピザ・ローストビーフの食べ放題(1500円~1900円)、夜はアラカルト・コースでの営業を行っています。コスパがよくおいしいイタリアンを食べられるお店です。

フィオーレはセンター街にあるフィオーレを紹介します。このお店は2019年の9月にオープンしたお店で、渋谷の中心部にありながらも緑あふれる広い空間で、ゆったりとおいしいピザをいただくことができるイタリアンレストランです。

100席を超える広々とした空間なので、他のお客さんとの距離感も取ることができます。新型コロナウイルスの昨今でも安心して利用できるお店です。

店内はなんと120席もあります。渋谷のお店は混んでることが多いですが、こちらのお店なら広々としているのでいつでも入れる安心感があります。

フィオーレはランチ時には人気のサラダ・ピザ・ローストビーフビュッフェ、夜はアラカルト/コースでの料理の提供を行っています。

特にランチのビュッフェでは、新鮮な10種類以上の野菜からお好みのサラダをカスタマイズすることができ、どれも新鮮で食感豊か。キヌアや人参、ブロッコリーなどをトッピングし、胡麻や揚げたオニオンなどを振りかけるなど、食感や風味豊かなサラダを作ることができます。

ピザは注文直後から焼かれ、テーブルに運ばれるので非常にアツアツ。定番のマルゲリータ、クアトロフォルマッジから、トッピングにマヨコーン、プルコギなどをトッピングしたグルメ系のピザなど多種を注文することができます。ピザ生地はモチモチ系で熱いうちに食べるとチーズとトッピングがとろけ、おいしい。

特におすすめしたいのがローストビーフ。低音でじっくりと火入れしたローストビーフは見た目も鮮やかでとても柔らかく、ジューシーな一品です。ぜひ来店の際には注文することをおすすめします。

ディナーはアラカルト、またはコースでの提供。目安お一人様4000円程度で本格的なイタリアンを楽しむことができ、渋谷近くのイタリアンとしては非常の使い勝手のよいお店です。

レビュー抜粋
ランチビュッフェは1900円とやや値段がするものの値段に見合った料理をお腹いっぱいに食べられるためかなりおすすめ。店内は植栽が豊富でおしゃれ。渋谷のセンター街方面でゆったりとできるレストランは少ないので、誰かと会う予定がある場合におすすめです。
目安予算
昼: 1500
夜: 4500
特徴:
ヘルシー
こだわり食材
渋谷イタリアン ズッカは、有機野菜を使ったヘルシーで健康的なイタリアンを提供しているお店。常に新鮮な野菜と、旬な食材をつかった素材を活かした料理を提供しています。ディナーはバーニャカウダの食べ放題を500円で提供しています。

渋谷イタリアンズッカは、桜ヶ丘方面にある、日本の食材を使って日本人が心から美味しいと感じる体に優しいイタリア料理を提供しているお店です。

ランチタイムには1000円からパスタランチ、2900円のコースランチなどを提供しています。今回注文したのはパスタランチの、スルメイカと有機大根のさっぱりペペロンチーノスパゲティ。有機野菜のサラダと、かぼちゃのフォカッチャ、コーヒーのセットです。

スルメイカと有機大根のシャキシャキとした歯ごたえがペペロンチーノに異なる食感を与えており、少し辛味のあるレモン風味のソースと相性がバッチリでした。やや和風テイストで日本人好み。

つけ添えのサラダは有機野菜の緑の風味、バルサミコソースの酸味があり素材の新鮮さを感じました。

つけ添えのかぼちゃのフォカッチャはアツアツで提供され、ふわふわとした生地には小さく刻まれたかぼちゃが練り込まれていました。

渋谷イタリアンズッカは、素材を活かした非常にていねいな料理を提供しており、日本人好みの優しい味に仕上がっています。非常におすすめできる店舗です。

目安予算
昼: 1500
夜: 1500
特徴:
地元の名店
インスタ映え
渋谷駅から徒歩5分ほどの、渋谷パルコの目の前の小さなビルの中にあります。開店から27年経つホームズパスタのこじんまりとした、木目調で温かみのある照明が印象的な店内は常連客や若者らでいつも混み合っているほどの人気ぶり。一番人気のパスタ「絶望」は、濃厚でフォークが止まらない、やみつきになる美味しさ。ボリュームもかなりしっかり目で満足の一品です。

ホームズパスタ渋谷店は、渋谷駅から徒歩5分ほどの、渋谷パルコの目の前の小さな雑居ビルの中にあります。通りからお店はほとんど見えませんが、小さな看板を見つけて階段を上り3階へ。

ホームズパスタの店内

店内はかなりこじんまりとしていて、木目調の、温かみのある照明が印象的です。10個ほどのテーブル・20席ほどの小ささですが、老舗喫茶店のような落ち着きを与えてくれる空間です。編集者は昼下がりの14時にお店に来ましたが、店内は若い男女でほぼ席が埋まっていました。

ホームズパスタのランチメニュー

ランチメニューは主に、塩味・クリーム・トマトソース・ミートソースの計15種類のパスタと、2種類のリゾットからなります。全てのパスタ・リゾットには、コーヒー・アイスティー・ウーロン茶のいずれかのドリンクも付いて、お値段は¥1,150〜¥1,400です。

この度は、店員さんに聞いた一番人気の、「絶望」というかなり風変わりで興味を引く名前のパスタを実食してみました。

一番人気の「絶望」パスタ

ホームズパスタの人気パスタ「絶望」

ミートソースのパスタとありましたが、味はカニのトマトクリームパスタに近いです。スープは濃厚ながら、くどくなくて飲みやすいです。刻んだガーリックや黒オリーブの香りと、キノコの旨味が熱々のスープによくあっています。

麺は一般的に家庭で食べられる、いわゆる普通のスパゲッティのような食感で、スープがよく絡みます。高級で上品な味のパスタというより、お店の雰囲気もあってか家庭的な味わいのパスタですが、フォークが止まらない、やみつきの味がとっても美味しいです。全体的にボリュームがかなりしっかり目で、食べ応えは大満足です。

お値段は税込で1350円と、ランチのパスタ単体にしてはやや高めでしたが、これは期待通りの味でした。ぜひこのホームズパスタへ来店して、「絶望」パスタを頼んでみてはいかがでしょうか。

レビュー抜粋
昔ながらの絶品パスタが食べられる地元の名店。老若男女問わず常にお客が入ります。友人と訪れてみたいお店。
目安予算
昼: 800
夜: 800
特徴:
さくっと
安い
若者多め
座席はカウンター席で10席ほど。壁面を向いているのでお一人様でも気になりません。おひとりさまの女性でも気軽に利用できます。
渋谷でパスタを食べるというと、おしゃれでお値段もそれなりなイメージがしてしまいますが、「POTA PASTA(ポタパスタ)道玄坂店」は圧倒的なコスパの良さでパスタを食べられるお店です。最も安い「ポモドーロ」が360円、その他のメニューも400円台が多く、一瞬目を疑ってしまいます。道玄坂に位置し渋谷の駅からも程よい近さで、しかも自家製生麺を使用してこれだけ安いのは驚きです。

ポタパスタは渋谷の井の頭線方面の出口から徒歩1分の場所にある、お手頃な価格でパスタを頂くことができるお店です。

パスタメニューはSサイズとLサイズがあり、最も安い「ポモドーロ S」が360円、人気の「トマトモッツァレラ S」が540円、「奇跡のボロネーゼ S」が640円と非常に手頃です。

店内はカウンター席になっており座席は10席ほどです。イタリアンの店舗というよりも、小規模のラーメン店がラーメンの代わりにパスタを提供しているのをイメージすると近いです。

ポタパスタ店内

食事前には券売機で食券を購入します。麺の種類は太麺、平麺の2種類を選ぶことが出来ます。先に麺の種類を選ばないと、パスタメニューを選択することができないので注意。取材時は平麺は選べず、太麺のみの提供でした。

奇跡のボロネーゼ M(740円) 2

今回注文した「奇跡のボロネーゼ M」は太麺を注文。麺は台湾まぜそばの麺に近くスパゲッティというよりは油そばのような食感で、非常にもちもちしています。

ボロネーゼのソースは、「奇跡」というほどのおいしさではありませんでしたが、普通においしい。ミートソースはボロネーゼらしい肉感がありますが、トマトやチーズの味はあまりなくあまり印象は残りませんでした。麺のもちもち感と合わせ、まぜそばのような印象。

ポタパスタはカウンター席で、店内もおしゃれなので男女問わずおひとりさまでのご利用に非常に向いていると思います。安価にパスタを食べてお腹を満たす、という目的では非常によいお店です。

「Buco di Muro(ブコ ディ ムーロ)」とは、日本食の技術と本質を基本に、生まれ育った渋谷で育まれた「美味しいもの」への感性から生まれた、和風パスタ発祥の壁の穴が、古き良き物と新しい感覚を融合させたブランドです。モダンで洒脱、おしゃれでおいしいお料理を楽しむことができます。
目安予算
昼: 1500
夜: 4500
東急百貨店渋谷本店の目の前にある、渋谷駅徒歩5分のお店。もちもち食感のパスタは自家製の手打ち麺です。ワインは味・コストパフォーマンス重視で各国のワインを厳選してあります。 渋谷でちょっと落ち着いたパーティーやご宴会、女子会等に利用できる空間です。
目安予算
昼: 1500
夜: 2000
特徴:
さくっと
若者多め
落ち着く
昭和28年に開店した老舗中の老舗のこのお店には、20年以上も通っているというリピーターもいるほどの名店。もちもちとした太めの麺の独特の食感がソースとよく絡み、スープ系のスパゲティでも味がしっかりしています。昔から人気の明太子を使った様々なレシピのパスタや、納豆パスタなどのオリジナティ溢れる人気パスタが魅力です。

渋谷 壁の穴は和風スパゲティ発祥のお店。昭和28年に創業し、当時はスパゲティといえばナポリタンしかない、という状況から日本人好みのオリジナルパスタを考案し、たらこスパゲティなどの和風スパゲティを考案したのが壁の穴です。

現在は関東や関西、北海道にまで出店していますが本店はここ渋谷店です。渋谷駅から道玄坂方面に向かった路地にあります。

店内はレトロな雰囲気がありつつ、カジュアルに通える気安さがありました。

壁の穴はオリジナルスパゲティのお店ということもあり、30種類以上の豊富なパスタを提供しています。

今回注文したのは、壁の穴が発祥の原点でもある、たらこスパゲティから「たらこといろいろきのこのスパゲティ ~焦がし醤油風味~」1,230円です。

麺はモチモチ系の太麺で、豊富に載ったきのこが食感をプラス。たらこと古河市醤油の風味が和のテイストを醸し出しています。シンプルな分、食材の取り合わせが面白く、完成度の高いパスタだと感じました。

オリジナリティが高いパスタが多数取り揃えられており、壁の穴でしか食べられないオリジナルパスタがあることがこのお店の魅力。

パスタを食べに来ることもよし、壁の穴ではその他前菜や肉料理、ワインなども豊富に取り揃えられているため、本格的なディナーとしてもおすすめできる店舗です。

目安予算
昼: 1500
夜: 3500
オーストラリア発、イタリアの粋を集め、日本で実現した全く新しいコンセプトのレストラン。OUTは、五感を刺激する究極の美食体験ができます。黒トリュフのパスタと赤ワインをオーダーでき、貸切の利用も可能となっています。
目安予算
昼: 700
夜: 1500
もちもち・プリプリした食感の茹でたて生パスタと職人が仕上げた熱々のソースが絡んだ kuraのパスタは、クセになること間違いありません。女性のお客さんが多く、店内はいつも混んでいます。ディナーで食べられるイカスミ入りの黒いカルボナーラがとても人気で、オススメの一品です。
目安予算
昼: 700
夜: 700
昔から愛される、値段がパスタ一皿で500円ほどと破格の安さで美味しいパスタが食べられるお店。パスタ以外にも、豪華なパフェも食べられるので女子ウケも高く、店内もおしゃれで明るい雰囲気なので非常にコスパに優れています。
目安予算
昼: 1500
夜: 6500
都会の渋谷に、静かにしっとりと佇むイタリアン“チェントアンニ”。南イタリア、シチリア島の郷土料理を提供しています。シチリアワインから伝統的でクラシカルなイタリアワインまで、お料理に合わせてワインを選ぶことができます。仕事帰りに軽く1杯から大切な仲間や同僚、家族とワインで乾杯しませんか?宴会も90分飲み放題がついたコースも利用できます。
目安予算
昼: 1500
夜: 4500
渋谷駅の喧噪から離れた、落ち着いた店内で北イタリアで修行した本場の郷土料理が楽しめるお店です。特に人気NO.1の『ラザニア』はオススメの1品。コース2500円~とカジュアルに女子会、誕生日、デート、サプライズ等で利用できるほか、貸切利用も可能となっています。
目安予算
夜: 5500
青山の落ち着いたロケーションの中に佇む「La Coccinella(ラ・コッチネッラ)」は、ミシュランガイド2016、17ビブグルマンにも掲載された本格イタリアンレストラン。ポンテヴェッキオ、アルポルト静岡でシェフ経験のあるオーナーが季節の素材を生かしたイタリア料理を楽しめます。
目安予算
昼: 1500
夜: 3500
特徴:
デート
テラスで
おしゃれ
料理監修は東京でもっとも予約が取りにくいイタリアンレストラン、 『アロマフレスカ』の原田慎次シェフが手がけ、ネオトラットリアをテーマにしたカジュアルなイタリアンが気軽に楽しめる【THE THEATRE TABLE】 高い天井とゆったりとした空間、渋谷を見下ろす眺望を持ち、広々としたスペースに用意されたフロアは、渋谷の喧噪からは想像できないほど時間がゆっくりと流れ、特別なひと時を演出します。

渋谷駅直結、渋谷ヒカリエの11階にあるTHE THEATRE TABLE(シアターテーブル)。

渋谷ヒカリエの11階は、12階から上のオフィス階の入り口でもあり、天井がかなり高くとても広々とした空間が広がります。店内のテラスに約20席、室内に150席ほどもある広さです。編集者が訪れた平日の13時ごろは、主に30代前後から40代のサラリーマン、女性客が目立ち、大人女子会の集いも見受けられました。

また、テラスには主にソファ席が置いてあり、くつろぐことができる落ち着いた雰囲気ですが、少し古いビルが目の前に広がっている...という感じで、あまり良い景色とは言えない気がします。

ランチに実食したパスタセットのレビューは以下の通りです。

前菜デリプレート

かなりボリュームのある前菜で、レタス・ハム・枝豆のサラダ・紫キャベツのマリネ・トマトがワンプレートにのっています。全体的にあまりドレッシングなどは最小限に抑えている控えめな味つけで、新鮮さは普通です。ホテルなどの朝食のバイキングのサラダのような味で、あまり美味しいとは言えませんでした...。

鳥挽肉とゴーヤのフジッリ

フジッリとは、ネジのようならせん状で、一つ一つがやや大きめのパスタです。小さなギザギザの中にソースが絡みやすく、一般的に美味しく味わいやすいパスタです。

THE THEATRE TABLE のパスタは、チキンの旨みと濃いめ味付けが、ボリューミーなフジッリと相性が良いです。パルメジャーノレッジャーノも少しかかっていて、その風味も効いています。ゴーヤは固さがちょうど良くシャキシャキしていて、苦味が控えめの食べやすいものです。

全体的には、まあまあの美味しさですが、"プロが作ったこだわりの絶品"のようなパスタとは程遠い、普通の範疇にあるクオリティで、サラダ・コーヒーとセットであるにしても1,900円の値段は少し高すぎる気がしました。

ただ、店内の広々とした空間や居心地の良さは抜群でしたので、渋谷駅付近のカフェで少しリラックスしたいという方にはオススメです。

レビュー抜粋
味のクオリティはそこまで...という感じですが、おしゃれで広々とした空間でゆっくりできる点はよかったです。